恩納村ダイビング

沖縄恩納村ダイビングショップ

恩納村 万座の神秘的な洞窟やケーブのスポット

¥15.800- ドリンク / 送迎 / 保険 / 全て込み ※ランチ代は別途かかります。
 
恩納村は沖縄で最もダイビングポイントが多く、初心者向けのポイントから上級者向けのポイントまで幅広く楽しめます。世界的にも稀な本格的なケーブポイント、豪快なドロップオフを宇宙遊泳しているかのようなポイント、ダイバーにしか味わうことが出来ないような幻想的なポイントなどさまざまです。※上記は2ボートの料金です。追加ダイブは6000円のご案内になります。

 

恩納村でファンダイビングのご予約はこちらから

 

万座ドリームホール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA ダイバーの間では青の洞窟よりも人気のある有名なダイビングスポット。万座リゾートホテルの沖にあり、エントリーすると水深5M付近の水底に縦穴があり水中ライトで照らしながら入っていくことが出来る。縦穴のなかは途中までは太陽の光が差込みとても幻想的な景色だが、その先はライトを照らさないと暗闇の世界です。縦穴は水深30M付近まで続き、横穴になります。横穴を進むと外洋の海が入り口を空けて待っています。中級者ダイバー向けのポイントになります。
外洋の海へ出るとカスミチョウチョウウオやアカモンガラなどが群れ、水深20M付近にはスミレナガハナダイも観測できます。ときにはウミガメやマダラトビエイなどの大物も見ることが出来ます。地形、大物、マクロなど幅広い楽しみ方のできるポイントです。又、流れてることが多いポイントでもありますので中性浮力などのダイビングスキルが必須のポイントです。

オーバーヘッドロック


地形的でダイナミックなオーバーヘッドロック。ドロップオフ沿いのオーバーハングをくぐると空間があり、うつぶせの姿勢で奥まで進むことができます。まるで映画のスクリーンのような横一文字の青いスクリーンが広がります。オーバーハングの下にはホワイトチップというサメの仲間やウミガメが寝ていることもあり、恩納村の大物遭遇率No1のダイビングスポットです。
沖の離れ根にはカクレクマノミやイソバナがあり、深場にはダイバーに人気のピグミシーホースがいます。色鮮やかなハナゴンベもフォト派ダイバーに人気です。又、いくつもの縦穴があり、カノコイセエビやウコンハネガイ、リュウキュウハタンポ、アカマツカサなどがみられます。

ホーシュー

IMG_2073400 観光名所の万座毛ちかくのポイント。昔、外人ダイバーが潜っていた頃、水中のなかにある「馬の蹄」のような形の大きな岩があることからホースシューズと呼ばれ、いまはホーシューと呼ばれています。ホーシューの魅力は高い透明度とドロップオフ。ドロップオフは水深5Mから水深40以上。透明度の高い沖縄の海でも海底がみえないほどです。まるで宇宙遊泳をしているような気分を味わえます。
577732_3420958361161_925392443_n 浅瀬にはハードコーラルがとても広い範囲でカラフルに群生しています。恩納村の数多くあるスポットのなかでもここのハードコーラルの群生はトップクラスです。珊瑚まわりにはスズメダイやチョウチョウウオ、ハナダイなどさまざまな魚達と出逢えます。メガネゴンベ、ホシゴンベ、サラサゴンベなど浅場なのでじっくり写真を撮ることができます。又、珊瑚のすきまにもさまざまな魚が観測できます。地形だけではなく、フィッシュウォッチングも楽しめるポイントです。

 

恩納村でファンダイビングのご予約はこちらから