恩納村ダイビング

恩納村ダイビングショップ

恩納村の青の洞窟・真栄田岬

写真:真栄田岬の展望台から見える絶景

 

沖縄で人気NO1のダイビングスポット「青の洞窟」は恩納村の真栄田岬にあります。真栄田岬は那覇空港、もしくは那覇市内から58号線を北上、車で約60分ぐらいの距離になります。真栄田岬は有名な観光名所でもあり、展望台からは東シナ海を一望できます。遊歩道も整備されているため、岬からの絶景や南の島の独特な植物を見ながら散策できます。駐車場、お手洗い、売店、シュノーケルやダイビング後のシャワーや更衣室など、設備も充実しています。

写真:青の洞窟の入り口(水面)
 

青の洞窟は真栄田岬から約200メートルほど東側に位置します。半水面の鍾乳洞が太陽の日差しにより、照らされて、青く光ることから「青の洞窟」と呼ばれています。水深は約2M~6M、天井の高さは約10M前後で、半水面の洞窟がトンネル状に奥へ60Mほど続いています。季節や時間帯により、太陽に照らされる角度が変わり、さまざまな景観を創り出します。夏場の水面はシュノーケルなどたくさんの人達で賑わいます。

写真:青の洞窟の入り口(水中)
 
また、ダイビングでは全然違う景色を楽しむこともできます。「青の洞窟」の原理は、入り口から太陽光が差し込み、透明度の高い海水を通過して、海底の石灰質を含んだ白い砂地に反射します。光が暗い洞窟内の海水面から抜け、海底からライトアップされたような効果となり、入り口付近の海水を青い光で満たす仕組みになっています。そのため、洞窟全体が青く染まることに由来して「青の洞窟」と呼ばれています。

写真:リュウキュウハタンポの幼魚の群れ
 
青の洞窟のなかにはリュウキュウハタンポ、アカマツカサ、ツバメウオ、イセエビなどの甲殻類が棲んでいます。なかでもリュウキュウハタンポは初夏に孵化して、青の洞窟の入り口付近で毎年、大きな群れをつくります。

写真:シークレットビーチの鍾乳洞
 
真栄田岬は青の洞窟があるメインのエリア以外にも複数のビーチがあります。シークレットビーチでも鍾乳洞の洞窟がたくさんあります。ダイビングだけではなく、手軽なシュノーケルや散歩などのウォーキングでも楽しむことができます。是非、訪れてほしい恩納村の観光名所です。
 

投稿者のプロフィール

空良太郎
恩納村のダイビングガイド歴7年。愛機はNikon D810。コンデジはCanonのPowerShot Gシリーズ、OLYMPUS STYLUS TGシリーズを愛用しています。動画はGo Pro・ゴープロ HERO5で撮影しています。エモンズの撮影、IANTDサイドマウントのトレーニングを積んでいます。