恩納村ダイビング

恩納村ダイビングショップ

大物遭遇率NO1のオーバーヘッドロック

大物遭遇率NO1のオーバーヘッドロック 水深:10M~30M 
透明度:15M~25M

 

恩納村のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートホテルの沖に大物遭遇率NO1のオーバーヘッドロックというダイビングスポットがあります。瀬良垣漁港から船で約10分ほどになります。

 

オーバーヘッドロックはリーフ沿い、水深5M~8Mほどから水深約30Mまで一気にドロップオフになっています。水深約20Mをドロップ沿いを進むとオーバーハングになっていて、岩の隙間を進むことができます。隙間の高さはダイバーがうつ伏せになり、やっと入れるぐらいですが奥へ、どんどん進むことができます。オーバーハングの下は巨大なウミガメやホワイトチップ(サメ)などの隠れ家になっています。オーバーハングの下では外洋の青い光が横一文字にまるでスクリーンのように映し出される幻想的な景色が広がります。
親子のカノコイセエビ ホワイトチップ(サメ)
ドロップオフから少し離れた根には潮流があたり、流れが出ることから大きなイソバナがいくつもあります。水深約30Mほどのイソバナにはタツノオトシゴの仲間のピグミーシーホースがよくいます。無数の縦穴があり、リュウキュウハタンポ、アカマツカサ、カノコイセエビ、ウコンハネガイなどが生息します。深場にはダイバーに人気のハナゴンベがいることもあります。
タツノオトシゴの仲間のピグミーシーホース アオウミガメ
ウミガメやホワイトチップ(サメ)など恩納村で大物遭遇率NO1のダイビングスポットですが、マクロなどの生物も楽しめるダイビングスポットです。カメラを持っていく場合にはワイドもマクロも両方おすすめのダイビングスポットです。

 

オーバーヘッドロックへは恩納村発 沖縄北部・水納島・沈没船のファンダイビングの恩納村・万座方面ボートダイビングのメニューでリクエスト可能です。

 

寄稿者のプロフィール

空 良太郎
恩納村のダイビングガイド歴7年。愛機はNikon D810。コンデジはCanonのPowerShot Gシリーズ、OLYMPUS STYLUS TGシリーズを愛用しています。動画はGo Pro・ゴープロ HERO5で撮影しています。エモンズの撮影、IANTDサイドマウントのトレーニングを積んでいます。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks