恩納村ダイビング

恩納村ダイビングショップ

沖縄中部西海岸リゾート地 恩納村の観光名所について

12026

万座毛

067 万座毛は、沖縄県国頭郡恩納村にある景勝地。海岸の絶壁に、象の鼻の形の岩が付いているのが特徴。東シナ海に面し、沖縄海岸国定公園に属する。恩納村にある万座毛は「万人も座する草原」(毛とは草原のこと)琉球王朝時代、尚敬王 が「万人を座するに足る」と賞賛したことが名の由来と言われています。58号線から恩納村役場の信号を左折、看板が見えてきます。右に曲がって道なりに進むと大きな駐車場がある。

 

琉球村

054 恩納村にある沖縄文化テーマパークの琉球村。村内に入ると、昔ながらの赤瓦の屋敷があり、どこからかサンシンや太鼓の音が聞こえてきて、時間がゆっくりと過ぎている。沖縄の文化・芸能・自然を見て体感できるテーマパークで、「工芸品を作る」、「おばあと語る」、「沖縄の文化を学ぶ」がこの村での3つのテーマ。文化体験、陶芸工房、琉球衣装、絵巻行列、琉球村、ハブショー、古民家案内、製糖工場など昔ながらの沖縄観光を楽しめる。

 

恩納村指定文化財のウドゥイガマ

034_02 恩納村には数多くの洞穴(ガマ)がある。 恩納村の観光名所の万座毛の駐車場から脇道を進むとあまり知られていない、恩納村指定文化財のウドゥイガマという洞穴がある。 ここの洞穴(ガマ)は昔、若い男女が約束(アポ)をして会っていたことからアポガマとも呼ばれるている。 洞穴へは数段の階段を降りていくが、足元は滑りやすいので注意が必要。 洞穴のなかは夏場でも涼しく、のんびり休憩できる。 休憩しているとタイムスリップしたような気分を味わえる。 人も少ない、隠れた秘境ポイント。

 

真栄田岬

014_03 真栄田岬は青の洞窟で有名なダイビングスポット。ダイビングだけでなくシュノーケルや洞窟探検を楽しめるポイント。夕方は裏真栄田と呼ばれるビーチから夕日を楽しむこともできる。展望台や遊歩道もあるので観光でも気軽に楽しめます。那覇市内などの南部からの場合、58号線からルネッサンスリゾートの手前を左折、右手側に真栄田の看板が見えてくる。