恩納村ダイビング

恩納村ダイビングショップ

恩納村のダイビングスポット・人気の厳選10選

恩納村のダイビングスポット・ポイント 恩納村のダイビングエリアは沖縄本島で最もダイビングスポットが多く人気のエリアです。恩納村のダイビングスポットの特徴は沖縄屈指の地形的なダイビングスポットが数多く存在することです。地形的なダイビングスポットにはドロップオフ、洞窟、トンネル、クレパス、オーバーハングがあり、世界的にも珍しいエリアです。魚影も濃く、大物はウミガメ、バラクーダの群れ、ホワイトチップ、マダラトビエイ、砂地のスポットではマクロ派の方も楽しめます。

 

当ショップではファンダイビングでは恩納村のダイビングスポットを青の洞窟などで有名な真栄田岬方面へ出港する前兼久漁港、中級者向けのダイビングスポットが多い万座方面の瀬良垣漁港の2箇所の港に分けてご案内しています。どちらの港もダイビングスポットまでボートの移動時間は5分~10分ほどです。1ダイブごとに港へ戻り、休憩をすることが可能なので船酔いの心配もありません。又、沖縄へ旅行でお越し頂く場合は到着日に午後から2ダイブも可能です。※那覇空港に10時ごろまでにご到着ください。

真栄田岬・青の洞窟方面 前兼久漁港のボート

青の洞窟  おすすめ度 ★★★  難易度 ★★

青の洞窟は沖縄で人気NO1のダイビングスポット。半水面の鍾乳洞が太陽の日差しにより、照らされて、青く光ることから「青の洞窟」と呼ばれています。水深は約2M~6M、天井の高さは約10M前後で、半水面の洞窟がトンネル状に奥へ60Mほど続いています。

 

洞窟内にはリュウキュウハタンポ、アカマツカサ、ツバメウオ、イセエビなどの甲殻類が棲んでいます。なかでもリュウキュウハタンポは初夏に孵化して、青の洞窟の入り口付近で毎年、大きな群れをつくります。

シークレットスポット  おすすめ度 ★★★★  難易度 ★★★★

真栄田岬の沖には根のトップで水深16メートルほどの細長い根が続いています。人気の青の洞窟とは違い、ダイバーの少ないエリアで生物達の自然の生態系が保たれている貴重なダイビングスポットです。アオウミガメが生息しており、タイマイの目撃例もあり場所です。沖縄でも少なくなってきているリュウキュウキッカサンゴが群生しています。クサビライシやウミシダなども豊富です。

 

平均水深が深く、船を固定できないためフリー潜降になるため中級者向けのスポットになります。

光の神殿  おすすめ度 ★★★  難易度 ★★

まるで迷路のように入り組んだクレパスのなかを探検できるスポット。頭上のクレパスの隙間から太陽の光が差し込み幻想的な景観を創り出しています。光の神殿の入り口はとても狭いので背中のタンクをぶつけないように注意が必要です。水深は5Mほどなので初心者の方も安心です。神殿のなかは広くなっていてアカマツカサ、ベニマツカサ、リュウキュウハタンポ、イセエビが生息しています。

 

リピーター様のなかには青の洞窟より感動したとの声もあります。ダイバーの少ない、秘境スポットです。

クマノミパラダイス(山田ポイント)  おすすめ度 ★★★  難易度 ★★

砂地で癒し系のクマノミパラダイスは船の下で水深5Mほどになります。ゆるやかな砂地で少しずつ深くなります。船のまわりにはユビエダハナサンゴやハマサンゴがあり、メインエリアの珊瑚まわりにはデバスズメダイ、ヨスジフエダイやアカヒメジ、ロクセンスズメダイの群れがいます。

 

日本で生息する6種のクマノミのハマクマノミ、クマノミ、カクレクマノミ、ハナビラクマノミ、セジロクマノミ、トウアカクマノミの全てが1ダイブで見れるダイビングスポットです。
 

真栄田岬・青の洞窟方面 ボートダイビングのご予約はこちらから

 

万座方面  瀬良垣漁港のボート

万座ドリームホール  おすすめ度 ★★★★★  難易度 ★★★★★

中級者に人気NO1のダイビングスポット「万座ドリームホール」。万座ドリームホールは深くて、頭上が覆われているケーブダイビングになります。又、潮の流れが強い日が多いです。

 

船の下、水深5Mほどの水底に十字の亀裂があり、水中トンネルに続きます。穴の直径は2M前後のため、足からガイドに続いて1人ずつ入ります。水中トンネルはL字になっていて、水深5Mから一気に水深30Mになります。水底から這いつくばるようにトンネルを抜けると出口に進みます。出口はポケモンのピカチュウのシルエットに見えると言われています。

ホーシュー(ホースシューズ)  おすすめ度 ★★★★★  難易度 ★★★★

ホーシューは豪快なドロッポオフが特徴です。ドロップオフの水底はあっという間に水深40メートルを越えます。中性浮力で中層を泳ぐとまるで宇宙遊泳をしているかのように感じることができます。ドロップオフから少し離れた巨大な岩が上から身下ろすと馬のひずめ(ホースシューズ)ように見えることからホースシューズと呼ばれ、現在はホーシューと呼ばれています。

 

北側のホーシュー釣り小屋下ではメジロザメの仲間であるカマストガリザメが名物です。恩納鍾乳洞(トライアングルホール)と呼ばれる巨大な鍾乳洞もあります。

オーバーヘッドロック  おすすめ度 ★★★★  難易度 ★★★

水深約20Mのドロップ沿いを進むとオーバーハングになっていて、岩の隙間を進むことができます。隙間の高さはダイバーがうつ伏せになり、やっと入れるぐらいですが奥へ、どんどん進むことができます。オーバーハングの下では外洋の青い光が横一文字にまるでスクリーンのように映し出される幻想的な景色が広がります。

 

オーバーハングの下は巨大なウミガメやホワイトチップ(サメ)などの隠れ家になっており、恩納村で大物遭遇率NO1のダイビングスポットです。

ミニドリームホール  おすすめ度 ★★★  難易度 ★★★

万座ドリームホールがポイント名の由来になっているミニドリームホール。ポイント名はミニとなっているが、水深15mまでの縦穴をゆっくり降りていくと、ケーブの下から見上げる光の美しさは格別。キンギョハナダイの乱舞もみられます。船を係留する浅瀬には恩納村でもトップクラスのハードコーラルが群生しています。

 

メインの穴以外にも光のカーテンの部屋と呼ばれるクレパスは、差し込む光がオーロラのように美しく恩納村のセノーテと呼ばれている。

クロスライン  おすすめ度 ★★★  難易度 ★★

砂地に古い定置網のロープが何本も交差することからクロスラインと呼ばれる。定置網のロープは長い年月を経て、生物の住処になっています。水深も浅く、マクロ系の魚を探すのも楽しいスポット。

 

トウアカクマノミのコロニーがあり、沖縄でもトップクラスの大家族が棲んでいます。砂地にはヤシャハゼ、ネジリンボウ、オニハゼなどハゼ系も多く生息し。定置網のロープにはカエルアンコウ、ニシキフウライウオ、スカシテンジクダイやフタスジリュウキュウスズメダイも棲みついています。

ナカユクイ  おすすめ度 ★★★  難易度 ★★

「なかゆくい」は沖縄の方言で一休みという意味。その名の通り、初心者から上級者のダイバーまでのんびりできるポイント。穏やかなことが多く、流れもないので安心して楽しめます。真っ白な砂地とユビエダハマサンゴやリュウキュウキッカサンゴの群生がとっても美しい。

 

沖に進むと水深15M~20Mほどに古い魚網があり、ムレハタタデダイの群れやツバメウオなどがいます。漁網は魚の住処になっていてとても魚影が濃い。また、砂地の根のカクレクマノミとミツボシクロスズメダイの幼魚もかわいいです。
 

恩納村・万座方面  ボートダイビングのご予約はこちらから

 

当ショップのファンダイビングでは恩納村のダイビングスポットの他にも沖縄本島北部、水納島、瀬底島、沈没船USSエモンズなど、さまざまなエリアをご案内しております。詳細は恩納村発 沖縄北部・水納島・沈没船のファンダイビングをご覧ください。